手づくり減塩味噌を開けてみた!

料理

去年の2月に仕込んでおいた手作り味噌が食べ頃の時期になったので開けてみました!

みそづくりは初めて。カビ生えててないかな?開けたらどんな感じ!??とドキドキしながら、子どもが寝静まった夜に、ついに開けてみました~

関連記事:減塩みそづくりをしてきました(つくり方解説付き♪)

仕込みの間の保管方法

梅雨明けのカビとりは不要

私が作った味噌は「寒仕込み」なので、今年の2月に仕込みをしました。
それから食べるまでは開けない方がカビにくい(開けると空気が入ってカビやすくなる)と聞いたので、家の玄関近くにある土間に置いて一度も開けずに完全に放置していました。

土間ではありますが、西向きの家なので夏場は超暑いです!しかも今年は特に殺人的な暑さだったので、カビてるのでは???と心配で、開けるのが正直怖かったです、笑。

この状態で土間に10か月間置いていました。匂いは特に気にならなかったけど・・お客さんには匂っていたのかも。

ついに開けてみました

蓋を開けただけで、一気に味噌の香りが!け、けっこう匂う~

管理方法の紙を入れていたのでした。完全に放置していたので、この紙があることすら忘れてた!「風通しがよく直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください」とあります。「天地返し(混ぜ込み)は不要」とも。

今年の2/5に仕込みました。

手作り味噌のカビについて

ついにご対面!!!

新聞紙を外すと・・・

黒!!!でも落ち着いて・・・。この黒いのはカビではないのです。味噌が空気に触れて酸化しただけ。食べられるけれど、風味が良くないので捨てちゃいます。ラップを外すしてよく見ると・・・

ありました、カビ!!でもこの程度で済んだのなら良い方なのでは???キッチンペーパーで酸化した部分と一緒に丁寧に取り除きました。

味噌が完成

きれいになりました~!すごーい。味噌になってる。

そのまま試しに舐めてみたら、コクがあってすごーーく美味しかったです!感動。

出来上がった味噌の保管について

私はおすそ分け用に、ビニール袋に小分けしました。自宅ではすぐに使えるように100均でプラスチックの容器を購入したので、ビニール袋のままこの容器に入れて使います。保管はすべて冷蔵庫です。冷蔵庫の中でも少しずつ熟成されて、さらに美味しいお味噌になっていくそうです。その変化も楽しみです!これからの季節、お味噌汁やお鍋にお味噌は大活躍ですよね~

みそ作りして良かったと思うこと

  • 子どもと一緒につくると楽しい
  • 食育になる
  • 無添加で安心
  • 経済的(2年目からは容器や重石の塩を使いまわせるので2800円くらいで約8リットルのお味噌ができます)
  • たくさんお味噌が家にあるので、積極的に料理をしようと思える

みそ作りで大変だったこと

  • 大量の大豆を煮るのがとにかく大変
  • 機械がないと、大豆をミンチ状にするのに時間が掛かる(フードプロセッサーやミキサーでできます。)
  • 保管場所によってはカビが生えすぎて失敗することも
  • 10リットルの容器を1年中置いておく場所の確保

大変だったことももちろんありましたが、「楽しかった!」「美味しい!」「節約になる!」とプラスの面の方が圧倒的に勝ったので、思い切って挑戦してみて良かったなと思います。地域でこういう行事を企画してくださるのは本当にありがたいです。一度作り方を覚えてしまえば、自宅でも簡単に作ることができると思うので、また息子と挑戦してみたいと思います!

コメント